前立腺炎 Prostatitis 

 

中国前立腺炎治療センター

中国前立腺炎治療センターについて (PROSTATITIS)

1中国前立腺治療センターは、各種前立腺炎および同関連疾患の診断・治療を専
門に研究している医療機関です。当センターは、前立腺炎の「三排療法(菌・毒・
異物を排出する)」の応用研究を行っている唯一の機関であり、科学的かつ専門
的な前立腺炎と泌尿・生殖器官の感染性疾患の治療を行っています。特に、複雑
な前立腺炎の治療においては国際的にも先進レベルに達しており、中国の30の
省・市、およびアメリカ・カナダ・ドイツ・イギリス・スイス・アイルランド・
スペイン・オーストラリア・イスラエル・日本・韓国・サウジアラビア・ロシア
などの世界各国から、数多くの慢性・薬物耐性の前立腺炎やなかなか完治しない
前立腺炎の患者さんが治療に訪れ治癒しています。当センターは、国際的にも初
めての、各種難治性前立腺炎および泌尿・生殖器の炎症を徹底的に治療する専門
診療所です。 

 

前立腺炎の三排療法 (PROSTATITIS TREATMENT)

2前立腺炎の三排療法とは、長年にわたる科学臨床研究の上に開発された、手術
や伝統的治療法に依らない前立腺炎の治療法です。現時点において、唯一前立腺
炎を根本的に治療できる方法であり、これは国内外の数千人におよぶ患者さんの
治療結果により実証されています。この方法は、前立腺炎、特に慢性・薬物耐性・
長期にわたり完治しない前立腺炎の治療において、科学的・高効率・治療効果が
長期間持続し再発しない・安全・苦痛が少ない・副作用がないなどの特長があり、
前立腺炎・精嚢炎・副睾丸炎・精管炎および精管閉塞などを含むマイコプラズマ
感染や、マイコプラズマ・クラミジア感染、骨盤腹腔炎、卵管炎および卵管閉塞
などの完治が難しい疾患を徹底治療します。

前立腺炎

 

専門項目

3中国前立腺炎治療センターでは、全面的な前立腺化学的検査・前立腺の症状分
析・前立腺炎の分類診断を行っています。診療項目は各種前立腺炎で、細菌性前
立腺炎、非細菌性前立腺炎、急性前立腺炎、慢性前立腺炎、薬物耐性のあるもの
や反復して発生するまたは長期間完治しない前立腺炎、非淋性尿道炎、性病後の
前立腺炎、尿道炎併発の前立腺炎、ウイルス性前立腺炎、真菌性前立腺炎、淋菌
性前立腺炎、ブドウ球菌性前立腺炎、クラミジア前立腺炎、マイコプラズマ前立
腺炎、トリコモナス前立腺炎、前立腺炎の再発、精嚢炎、精管炎、副睾丸炎、血
精液症、少精子症、弱精子症、死精子症、無精子症、淋菌性尿道炎、非淋菌性尿
道炎、および各種泌尿・生殖器系統の感染性疾患を取り扱っております。また、
前立腺肥大、前立腺閉塞、前立腺石灰化などの治療、および前立腺炎の予防、前
立腺炎の予後、前立腺炎の回復指導なども行っております。

前立腺炎

 

前立腺炎の三排療法(菌の排出・毒の排出・異物の排出)の紹介

4前立腺は、骨盤腹腔の深層部にあり、解剖学的構造が複雑であり、表面は緻密
な被膜で覆われています。大多数の抗生物質は、この被膜から浸透して前立腺の
組織内に入るのが難しいことから、前立腺体の中の有効治療薬物の濃度が低くな
り、治療効果に深刻な影響を及ぼします。さらに、薬物耐性が発生しやすく、前
立腺腺体の中にある数十本の腺管は長く湾曲しており、尿道につながる部分の口
径が小さく、感染により発生した分泌物が排出されにくいため、腺管閉塞が起こ
りやすく、感染病巣周囲組織の硬化・石灰化を招き、病原微生物が閉塞した腺管
および石灰化物の質なかで長期的に生存することが可能となってしまうのです。
前立腺炎は、これらの理由から反復して発生しやすく、いったん閉塞や石灰化が
起こると、全身的な注射・服薬などの治療法では病巣に薬物が到達できず、治療
効果が現れにくいのです。

 

国際的にも独特の前立腺炎根治技術:前立腺炎三排療法、菌・毒・異物を排出す
る治療方法

A全面的な化学検査

5現在、大部分の医療機関や泌尿器科医師により行われている前立腺炎の検査お
よび診断は、全面的かつ正確とはいえないため、誤診や誤治療という現象が普遍
的に現れています。例えば、前立腺炎の科学的検査は、尿一般検査または前立腺
液の一般検査しか行われておらず、極端な場合は症状のみで判断して診断・治療
を行っています。また時には、不適切な検体を用い、さらに検査方法も特異性や
敏感性に欠け、誤診や誤治療を招きやすい状況となっています。中国前立腺炎治
療センターでは、すべて国際基準に符合した検査・診断方法を採用しており、前
立腺炎の感染病因や種類・病状の軽重などに基づき、全面的で正確な科学的診断
を行っています。

6病因の究明は、前立腺炎を徹底的に治療するための非常に重要なポイントです。
前立腺炎を誘発し発病させる微生物は数十種類あり、大多数の慢性前立腺炎は混
合感染によるもので、細菌学的要素もあれば非細菌学的要素もあります。さらに
これに、身体の発育または免疫欠陥などの要素も加わるため、前立腺炎の治療に
は、豊富な臨床経験のある専門医師や、先進的で正確な検査方法が必要であり、
これに患者さんの既往歴などを結びつけて病因を究明します。

7中国前立腺炎治療センターでは、国際基準の方法を採用しており、異なる感染
部位の標本(尿道分泌物・前立腺液・精液・尿・血液・子宮頚管粘液など)に基
づき、顕微鏡技術、培養法、免疫蛍光法、ELISA法など、高速で特異性・敏感
性の高い検査技術を選択し、各種細菌・クラミジア・マイコプラズマ・真菌・原
虫などの病原体を正確に判断して、医師の治療に科学的根拠を提供しています。
また治療過程においては、動態検査室で尿道病理を検査し、EPS・病原菌・尿沈
殿成分などの指標の変化を観察して、感染や閉塞の原因や治療過程の病状変化・
治療効果などに対する正確で科学的な分析を行います。

8全面的な化学検査には、1.尿道綿棒一般検査。必要なときは病原体検査を加
える。2.前立腺液一般および病原体検査。3.精液一般および病原体検査。4.
前立腺・精嚢などのカラーエコー、が含まれます。患者さんの既往歴や、身体検
査・科学的検査・病原体培養・エコーなどの資料を収集・分析・整理し、科学的
診断を下しています。

B局部注射による薬物投与

9一旦前立腺腺管閉塞を起こすと、どんな薬物も前立腺腺体内に滲入できなくな
るため、局部的な薬物注入により前立腺炎を治療しなければなりません。

10前立腺炎の三排治療法は、他の前立腺局部治療方法と異なり、神経・血管を
避けて、独自の骨盤腹腔間隙への局部注射という方法により治療を行います。こ
の方法だと、尿道周囲・前立腺・精嚢腺・精管・副睾丸など多部位の病巣に対し
治療することができ、さらに、注射は治療薬物を直接泌尿・生殖器の感染部位に
注入して薬物濃度を高く保てるため、薬物耐性を発生する心配がなく、徹底的に
各種病原体を壊滅させることができます。またこれにより、閉塞した腺管を開通
させることができるため、菌・毒・異物の排出が可能となるわけです。この治療
法の効果は長期間の持続が可能なため、容易に再発しなくなります。この前立腺
注射の治療には高度な技術が要求され、長期訓練を経験した医師しか使用できま
せん。現在国内では、当中国前立腺炎治療センターの医師のみが同技術を習得し
ており、前立腺炎の三排治療法を用いて前立腺炎の治療に当たっています。

11この種の前立腺局部注射治療は、内服・筋肉注射・静脈点滴による薬物治療
に比べ、副作用と苦痛が大幅に減少されます。長所としては、1.顕著な苦痛が
なく前立腺組織も損傷しない。治療前後のエコーに画像を比べてみると、前立腺
の大きさ・形態が正常に近づき、患者さんの排尿・性機能・精液の質などの指標
や全身状況も明らかに改善されています。2.薬物が胃腸を経過せず感染してい
る前立腺に直接作用するため、薬効持続時間が長く、1回の治療で22時間継続
させることができます。一般治療では、薬効は数時間しか持続できません。3.
この前立腺炎治療法は非常に気軽であり、患者さんは治療完了直後でも運動や仕
事をすることができ、特別な禁忌もありません。長期間の内服や筋肉注射・静脈
点滴などは、胃腸に対する副作用もあり、菌群の失調や肝・腎機能損傷、および
その他の副作用の可能性もあります。前立腺の三排療法は、全身薬物治療に比べ、
基本的に副作用がほとんどありません。

C菌・毒・異物の排出

12中国前立腺炎治療センターは、長期にわたる研究の結果、腺管を疎通させ、
病原菌を排出し、石灰化を防ぐ良好な方法を開発しました。その方法とは、石灰
化した病巣を融かす薬物に詳細に分析・選択したな抗菌薬物を配し、骨盤腹腔間
隙に治療薬物を注射し、感染した前立腺に直接薬物を滲入させるというものです。
これにより、殺菌・疎通という効果を得て、菌・毒・異物の排出という目的を果
たします。前立腺炎の三排治療を受けた前立腺炎の患者さんの大部分は、治療の
数日後には自らの目で異物が排出されるのを確認することができます。つまり、
尿の中に多くの混濁した異物が混じり、顕微鏡でその異物を分析すると、その成
分は主に病原菌・毒素・各種炎症物質および石灰化物質だといいます。一般には、
これらの異物が完全に排出された後、前立腺炎の患者さんの症状は顕著に軽減も
しくは消失し、感染した組織の質・大きさ・機能は徐々に正常な状態に回復して
いきます。治療前後を比較してみると、化学検査やエコーの結果は顕著に改善さ
れるもしくは正常に戻ります。この菌・毒・異物の排出技術は、現時点において
国際的にも唯一無二のものであり、安全で副作用もありません。

前立腺炎の三排療法の「菌・毒・異物の排出」という方法の長所

13治療法の長所

  1. 骨盤腹腔間隙に局部注射し、血管・神経を避け、薬物を感染している前
    立腺の病原部位に直接到達させます。この方法は、一般外来の筋肉注射
    と同様に、ほとんど苦痛がありません。
  2. 注射による前立腺およびその他組織に対する損傷がなく、直腸も通過し
    ないため新たな感染症を招く可能性もありません。

  3. 前立腺・精嚢腺・精管・副睾丸など、多部位の感染を治療できます。

  4. 全身薬物治療による副作用がありません。また、治療にはステロイド剤
    を使用しないため、肝・腎疾患などにより全身薬物治療ができない前立
    腺炎患者さんへの使用が適しています。

  5. 前立腺腺内の抗菌薬物濃度を高く保てるため、薬物耐性の発生を避ける
    ことができ、迅速に病原体を壊滅させることができます。

  6. 前立腺腺管と精管の流れをよくし、閉塞の解消や石灰化物質を排出する
    ことができ、病原を根本から除去できます。また、治療効果が長期間持
    続するため、容易に再発しません。
  7. 症状改善効果が顕著であり、排尿がスムーズで力があるようになり、局
    部の疼痛が好転もしくは消失します。また、前立腺炎の患者さんの性機
    能、前立腺液・精液の質などの指標や、全身の健康状態なども、治療過
    程で顕著に改善、もしくは正常まで回復します。

  8. 治療の前後を比べると、前立腺の検査データやエコー結果が顕著に改善、
    もしくは正常状態まで回復します。この治療法は安全で副作用がありま
    せん。
  9. 前立腺炎の三排療法は、各種病因により発生する尿道炎・前立腺炎・精
    嚢炎・精管炎・副睾丸炎などの泌尿・生殖器系統の感染症、特に慢性・
    複雑性・難治性の前立腺炎の治療に適しています。

前立腺炎の三排療法は前立腺炎の患者さんからの信頼度が高い治療法

14前立腺炎の三排療法は、中国前立腺炎治療センターの医師団が、長期にわた
り前立腺炎の患者さんの体験を観察し、過去十数年の国内外数千例の前立腺炎治
療経験を基礎にして、発展・成立させた治療法です。泌尿・生殖器感染性疾患分
野において、独自の「菌・毒・異物の排出」という理論を提唱し、非常に高い学
術的価値と臨床における指導意義をもつ治療法です。

15中国前立腺炎治療センターの治療を受けた患者さんは、病状が複雑で、数箇
所の病院で治療を受けながらも長い間完治しなかったケースが大多数です。前立
腺炎に罹ったことのある患者さん同士の情報交換で、確かな情報を得た患者さん
は、前立腺炎の三排療法とその他の治療法とでは治療効果に大きな差があること
を実感しています。

16中国前立腺炎治療センターは、誠実さをモットーとし、信用と治療効果を追
求し、医師と患者さんの双方が互いに信じあい・助け合い・行動するというまっ
たく新しい医療方式を構築し、密接な信頼関係を築いています。前立腺炎の患者
さんは、医師の指導の下自己の病状と確実な治療効果の全過程を把握し、医師と
患者さん、また患者さん同士の良好な交流関係を築いています。これにより、前
立腺炎の患者さんは、確かな情報を得ることができ、誠実という基盤の下で治療
を行っています。治療を受けた前立腺炎の患者さんから高い評価を得る、これこ
そが最良の医療サービスモデル・最良の治療法・最良の治療効果です。

17現在は、信用のできない前立腺医療の情報が非常に多く、騙されたことのあ
る前立腺炎の患者さんも後を絶ちません。さらに、病状が複雑で深刻な心理的障
害が現れている患者さんも少なくありません。中国前立腺炎治療センターは、こ
のような前立腺炎の患者さんに対し心理指導を行うことを強調しています。最善
をつくして前立腺炎の患者さんの心と身体の苦痛を取り除き、心身ともに健康を
取り戻せるようにしています。前立腺炎の三排療法により治療を受けた患者さん
のうち、当センターの医師を「最良の医者」と賞賛してくださる方も少なくあり
ません。

前立腺炎の三排療法および中国前立腺炎治療センターの信頼度は非常に高い

前立腺炎の三排療法はどのように科学的に前立腺炎を治療するのか

病因の究明

18前立腺炎を誘発し発病させる微生物は数十種類あり、大部分の慢性前立腺炎
は混合型感染です。つまり、細菌学的要素もあれば非細菌学的要素もあり、さら
に身体の発育または免疫学的欠陥なども関係するため、経験豊富な前立腺炎専門
の医師や先進的で正確な検査方法が必要であり、これに患者さんの既往歴を結び
つけて病因を究明するのです。

使用薬剤の選択

19治療に当たっては詳細に使用薬物を選択し、前立腺炎の発病原因を遮断して、
発病の原因となる微生物を徹底的に除去します。医学的には、症に基づき薬剤を
選択することを強調しています。発病の原因となる微生物により、適応する薬物
はそれぞれ異なります。間違った薬物を使用すると、疾患を治療できないばかり
か、身体に害を与えてしまいます。

局部注射

20前立腺炎の三排療法は、科学的かつ有効的な局部注射による治療方法です。
この方法は、薬物を尿道周囲・前立腺・精嚢腺・精管・副睾丸など感染している
病巣に充分に浸透させることが可能であり、さらに薬物を高濃度に保てるため、
薬物耐性が発生することがありません。薬物は病巣に到達した後、殺菌と同時に
閉塞した管道を疎通させて、菌・毒・異物を排出させ、これらの組織・器官を損
傷することもありません。一般的な状況下では、前立腺炎の三排療法を受けた患
者さんは、治療の数日後には尿とともに前立腺管閉塞の原因となった多量の炎症
性廃物が排出されるのを目の当たりにします。これらの異物が排出されれば、前
立腺炎の症状は顕著に軽減または消失し、前立腺の質や大きさも正常に回復しま
す。また、治療前のエコーで発見された、前立腺の肥大・3mm以下の石灰化病
巣・5mm以下の硬結・副睾丸の肥大および硬結などもすべて消失します。慢性
前立腺炎は、閉塞から前立腺肥大を招きやすく、さらに進めば石灰化や繊維硬結
が現れます。このため、早期発見と系統だった治療が必要なのです。


機能の回復

21前立腺修復因子などの薬物を使用しることにより、炎症により損傷した前立
腺組織を修復し、正常な生理機能を回復させ、外部からの病原菌の侵入を防ぐ粘
膜壁を作ります。特に、高齢・既往歴が長い・長期間の薬剤服用により身体が虚
弱化した・反復治療により心理的障害が現れているような前立腺炎の患者さんに
は、炎症が消失した後に、的確な調整と身体機能回復のための措置を取る必要が
あります。

22現在の医療体制により、臨床では検査・治療・薬物が互いに食い違うという
現象が現れており、多くの前立腺炎の患者さんが、あるとき1人の医師に診察し
てもらったときはAという薬を処方され、また別の医師に診てもらうと今度はB
という薬を処方され、検査結果や使用薬物、ひいては医師の言うことも毎回異な
る、というような経験をおもちです。大多数の前立腺炎の患者さんは、系統的な
治療を受けられず、前立腺炎が繰り返し発生し、治療が難しくなっています。

前立腺炎三排療法による前立腺炎治療は副作用なし

23前立腺炎の三排療法は、他の前立腺局部注射法と異なり副作用がありません。
長期訓練の後合格した前立腺炎専門医師が治療を行うため、非常に安全で局部組
織への損傷がありません。前立腺炎の三排療法は、治療効果が長期間持続し、1
回治療を受けると非常に再発しにくくなります。前立腺炎の三排療法を受けた多
くの前立腺炎の患者さんは、中国前立腺炎治療センターは医師の技能・技術・臨
床経験ともに世界の一流レベルであり、現時点では、国際的にもこのようなレベ
ルに達している医師は他にないと評価してくださっています。

24前立腺炎の三排療法は、内服・筋肉注射・静脈点滴による治療に比べ、前立
腺炎の副作用や苦痛が非常に少なく、以下のような長所があります。1.顕著な
苦痛がなく、前立腺組織を損傷しません。たとえ1カ月連続で治療を行っても、
皮膚や組織表面には針穴さえ見つかりません。また、治療前後のエコー画像を比
べると、前立腺の大きさ・形態が明らかに改善され、前立腺炎の患者さんは、排
尿・性機能・精液の質など多くの指標や全身状況など、すべてが改善されている
ことを実感できます。2.薬物が胃腸を通過せずに直接感染した前立腺に作用す
るため、薬効の持続時間が長く、1回の治療で20数時間薬効が持続します。一
般の治療法では、薬効は数時間持続するだけです。3.非常に気軽に治療を受け
られます。前立腺の患者さんは、治療が終わったばかりでも各種スポーツや仕事
を行っても差し支えありません。さらに、厳格な禁忌事項もなく、性生活も制限
されません。

25長期間の内服・筋肉注射・静脈点滴による薬物治療は、胃腸の副作用を招く
こともあり、菌群の失調・肝・腎機能の損傷やその他全身の副作用が現れること
もあります。また、他の前立腺局部注射法は、一般に苦痛を伴い、局部組織への
損傷が大きい場合もあります。前立腺炎の三排療法は、全身性の薬物治療やその
他の局部治療法に比べ、基本的に副作用がなく局部組織に対する損傷もありませ
ん。

前立腺炎の治療過程と治療効果分析

26現時点においては、前立腺炎の患者さんや医師たちの前立腺炎に対する認識
が非常に浅かったり、時には間違った認識をもっていることから、大部分の前立
腺炎の患者さんは自分の病状がはっきり分からない状態です。また、一部の前立
腺炎の患者さんは、発病から長い時間が経っていたり長期間治療をしていても状
況がはっきりしないという人もいます。前立腺炎の患者さんは、基本的に、異な
る医師・薬物・治療法のなかから様々な選択をし、主観的な症状が改善されれば
病気がよくなったと感じ、それが悪化すれば病状が悪化したと考えます。時には、
薬物による副作用も、病状の悪化と認識してしまいます。

27前立腺炎の発病の基礎は、病原体の侵入による感染であり、性伝播性の病原
体によるもの以外は、早期にはほとんど症状が現れないまたは軽度の症状が現れ
る程度です。しかし、一旦前立腺に閉塞や石灰化が現れると、身体の抵抗力が低
下した・長時間座って前立腺を圧迫した・性的刺激が過度である・飲酒や刺激性
食物などという多くの原因から、発病を繰り返すようになります。既往歴が長い
ほど閉塞や石灰化の程度が重くなり、持続的な発病へと転換していきます。一部
の前立腺炎の患者さんは、疾患と精神的要素の影響から、内分泌や自律神経の失
調を招くこともあります。

28マイコプラズマ・クラミジア感染の前立腺炎の徹底治療過程は非常に複雑で
あり、臨床では病状が完全に一致する前立腺炎の患者さんはほとんど存在しませ
ん。当センターでは、全面的な検査結果と個人個人の病状や前立腺炎の患者さん
自身の希望などを結びつけ、患者さんごとにオーダーメードの治療プランを作成
しています。われわれの治療時間・治療効果・費用などに個人差が出るのはこの
ためです。

29前立腺炎の治療原則は、まず病因を確定し、炎症を取り除き、病原体を除去
します。このようにすれば治癒という目的を達し、炎症により引き起こされてい
た緒症状が消失します。しかし、もし閉塞と石灰化部が消失しなければ、治療後
も不注意から簡単に再発してしまいます。つまり、前立腺炎を徹底治療するため
の原則は、病原を根本(閉塞や石灰化)から取り除くことです。

30現時点における前立腺炎の最良の治療法は、前立腺炎の三排療法です。もし
単純に前立腺が感染しただけの患者さんならば、病因を正確に判断しさえすれば、
一般的に2週間前後で完治することができ、前立腺の炎症は治療後約1週間で抑
制され、前立腺液中の白血球もまもなく正常範囲まで減少します。また、感染が
主で閉塞が軽度の前立腺炎の患者さんは、一般的に1クール(約3週間)の治療
で徹底治療が可能です。閉塞と石灰化が重い患前立腺炎の患者さんの場合は、3
~4週間の治療で炎症と病原体を取り除くことができ、閉塞と石灰化病巣も顕著
に縮小します。これに伴い病状も明らかに改善され、1クールの治療過程終了後
は、残りの石灰化部分を取り除く治療を行います。治療間隔は特に時間的な制限
がありませんし、間隔期や治療停止後に病状が再発することはほとんどありませ
ん。

31初めて前立腺炎を発病した患者さんは、感染が主になっている場合が多く、
閉塞や石灰化は重くありません。病原菌を確定した後は、前立腺炎三排療法を行
い、15日前後の治療で徹底的に治癒できるケースがほとんどです。前立腺炎三
排療法は、前立腺炎治療の第1ステーションです。

32繰り返し発病している前立腺炎の患者さんは、ほとんどが感染と閉塞を併発
しています。しかし、間違った前立腺炎の治療を受けて病状が複雑になっていな
い前立腺炎の患者さんであれば、前立腺炎三排療法を受ければほとんどの場合
20日前後で治癒しています。前立腺炎三排療法は、前立腺炎治療の最良の方法
です。

33前立腺炎が持続している患者さんは、一般に既往歴が長いものです。閉塞や
石灰化が主になっているような場合でも、前立腺炎三排療法により治療を行えば
25日前後で炎症を取り除くことが可能で、閉塞や石灰化病巣も顕著に縮小しま
す。また、これに伴い病状も明らかに改善されます。さらに、1クールの治療終
了後に、再度残りの石灰化に対する治療を行います。前立腺炎三排療法は、前立
腺炎治療の終着駅です。

34前立腺炎の病状は複雑で、過去には長期間の抗生剤使用により前立腺炎を治
療しており、このような方法では、病巣部に重度の閉塞と石灰化が形成され、重
い疼痛と機能障害が現れます。手術により治療を行うと、その他の器官の機能、
特に肝・腎機能や免疫機能が損傷し、心理的障害が現れる場合も少なくありませ
ん。病状が悪く体質的にも虚弱な前立腺炎の患者さんで、時間的・経済的な制約
がなく徹底治療がしたい方は、まずこれまでのすべての治療を停止し、全身状況
を整えた上で、前立腺炎三排療法を受けられることをお薦めします。

前立腺炎三排療法による前立腺炎治療の流れと費用基準

前立腺炎について

35前立腺炎は、非常に複雑で繰り返し発病しやすい疾患です。場合によっては
慢性尿道炎・精嚢腺炎・精管炎・副睾丸炎・内分泌機能および自律神経の失調を
併発します。前立腺三排療法は、これまでの注射・内服という一般的な前立腺炎
治療法とは異なり、独特で治療効果の高い前立腺炎根治療法です。前立腺炎の患
者さんは、中国前立腺炎治療センターに直接予約をすれば、大きな精神的・時間
的・経済的な負担もなく診療を受けることができます。

治療順序

36精神的・時間的・経済的に負担の少ない治療を必要とする前立腺炎の患者さ
んは、治療を受ける際に、まず全面的な科学的検査により前立腺炎の病原体を確
定します。さらに、精確なカラーエコーと医師の直腸指診検査結果を結合させて、
感染が現れている病巣部位を確定します。その後、感染病因および閉塞・石灰化
の起こっている病巣部位に対し、病巣付近の骨盤腹腔間隙部への局部注射による
薬物治療を行います。尿道周囲・前立腺・精嚢腺・副睾丸などに合併症がある前
立腺炎の患者さんは、系統的な前立腺炎局部治療が必要となります。前立腺炎の
患者さんは、毎日1~2回の局部治療が必要で、毎回の前立腺炎治療は20分以
内です。治療を数日続けた後は、菌・毒・異物排出の動態観察を行い、病状の変
化や治療効果を徹底分析して判断いたします。治療は、完治、つまり多項目の検
査指標が正常範囲に回復するまで行います。

費用基準

37検査費用および1回ごとの局部注射治療の費用は一律料金です。総医療費に
ついては、ご相談または全検査終了後に初めて概算をお出しすることができます。

診察の流れ

38Eメールにて香港連絡所の前立腺炎専門家に相談することも可能です。

PROSTATITIS

中国前立腺炎治療センター香港連絡所
Eメール:searchmedicine@gmail.com
お問い合わせ電話番号:(852) 61~81~01~41

中国前立腺炎治療センター所在地

中国前立腺炎治療センターは、中国中心区にあります。市郊外には、
空港があります。

 

Prostate Cancer

Prostate Cancer

Ebook

Ebook

Test

test

Stories

Stories